ブログ

2020/05/15 21:13

こんにちは、広報担当のミキです。

ゆずには年に2回の収穫期があるのをご存じですか?

8~9月頃の未成熟のものが「青ゆず」、晩秋(11月頃)になって色づいたものを「黄ゆず」
と言います。

年間で出回っている地域もありますが、収穫期以外で生のゆずはあまり見かけませんよね。

でも「ゆず粉」があれば大丈夫! いつでも好きなときに自家製ゆず胡椒が作れちゃいます。

今回は出張料理サービス「PRIME CHEF」事業責任者の宮崎理沙さんが
ご自身のInstagram (@miiya_risaa)でレシピを紹介してくれました。

ゆず粉があれば、材料3つを混ぜるだけのお手軽さです。
皆さんもぜひ試してみてください。

今回、宮崎さんが使用したのは「粗目タイプのゆず粉」です。





ザクザクのフレッシュゆず胡椒の完成で~す☆
これは薬味としていろんな料理で活躍しそうですね。

宮崎さん、素敵なレシピをありがとうございます😊

さて、宮崎さんのレシピを参考に
弊社の料理人wakaもInstagram(@kawanekitchen)にて
自家製ゆず胡椒づくりにチャレンジしています。


これ以外にも動画でたくさんのレシピを紹介しています。
超簡単なのから少し手の込んだものまで😊

ゆず粉の使い方がどんどん広がっています! ぜひ参考にしてみてください。


<川根本町産ゆず100%ゆず粉はココが違う!>



私たちのゆず粉を使っていただいた方からは、特に香りがいいとお褒めいただきます。

生のゆずに勝るとも劣らない「川根本町産ゆず100%ゆず粉」には、3つのこだわりがあるんです!


①静岡県No1の生産量を誇る「川根本町産のゆず」
 南アルプスと大井川という雄大な自然資源に恵まれた川根本町。
 自然が生み出す山霧や川霧、寒暖の差のおかげで、香り高いゆずができます。
 私たちのゆず粉は、100%天然! 添加物を一切使っていません。

②「皮だけでなく、実もまるごと!」が香りの秘訣
 一般的なゆずパウダーは、果汁を搾った後の皮を使う製品が多いなか、
 私たちのゆず粉は、果実をまるごと使用しています。
 (種を入れると苦味が強くなるため、種だけは取り除いています)
  だからこそホンモノのゆずの香りをお楽しみいただけます。

③静岡県の地元企業が開発した特殊な技術で乾燥!
 世界で初めて実用化された特殊な乾燥機(マイクロ波減圧乾燥機)を使って
 生の果実を40℃ほどの低温・減圧で乾燥しています。
 果実の成分が損なわれず、色鮮やかで豊かな香りのパウダー化に成功!

だからこそ、私たちは自信を持って皆さんにオススメします!!


好みや用途によって粉末のタイプを選ぼう!


私たちのゆず粉商品には3つのタイプがあります。
好みや用途によって使い分けてみてくださいね!

超粗挽きタイプ 皮の部分が残っているため、しっかりした歯ざわり。食感を重要視したい方向け
粗目タイプ   超粗挽きほどではないですが、程よいザラザラ感あり。
微粉末タイプ  ケーキやデザートなどの加工用にピッタリ!


今なら、超粗挽きと粗目の2種類のお試しセットがお得!


粒の大きさ、収穫時期による微妙な違いを体感していただけます。

今なら1000円(送料無料)。まずはお試しください!





株式会社 KAWANE SENSE 〒428-0313 静岡県榛原郡川根本町上長尾1056−2
TEL: 080-1562-1520 月曜日~金曜日 AM9:00~PM5:00まで
FAX: 0547-56-1617
E-mail:sense@kawane-hd.co.jp